モーニング娘。21周年

モーニング娘。21周年おめ。

かと言ってそれほど感慨深いものはないな。

なぜなら21年前から今日まで全てが繋がってるということはなく、その時々のどこかで必ず区切りがあったと思う。

1期から4期までの国民的ともてはやされた時代。5期6期が加入しブームが去り主要メンバーが次々卒業していった時代。7期8期が加入し高橋愛がリーダーとなったがテレビ出演もなくなり辛気臭い曲ばかりだった不遇な時代。(しかしこの時代が好きというファンは多い。ももにゃとか)それから9期10期11期が加入しテレビで一躍人気者になっていた道重さゆみがリーダーになりモーニング娘。再ブレイクとまで言われた時代。そして12期が加入、道重が卒業しフクちゃんがリーダーになり13期14期も加えた現在。同じモーニング娘。でも時代時代によってそれぞれ違った魅力がある。

国民的だった頃のモーニング娘。の看板のおかげで今があるのかもしれないけどやっぱり個々のメンバーの個性がここまでモーニング娘。を永らえさせているんだと思う。昔はこういうメンバーはいなかった、ちょっと前だと選ばれていないようなメンバーが今はいる。そういうところが古いファンも新しいファンも惹きつけるところなんだろう。

今のメンバーも十分魅力的だけど来年にはまた違った今までいなかったような魅力を持ったメンバーが加入するかもしれない。

だからモーニング娘。はまだまだ続いていくだろう。

そして今のモーニング娘。が一番好きだと10年後も言ってるはずだ。多分。

 

謝罪ブログ

例の事件のせいでハロプロリーダーから現役娘。リーダー、娘。OGまでもが謝罪ブログをアップしている。

別に謝罪しなくてもいいじゃないかという思いもあるだろうけどマスコミが元モーニング娘。と報道する限り世間はモーニング娘。=ひき逃げと認識するだろうと思う。

アイドルを載せることが目的の心優しい出版社の方々はモーニング娘。でも今まで通り載せて頂けるだろう。しかしそうじゃない広告やイメージキャラクターなどの仕事だとモーニング娘。の肩書きが足を引っ張るかもしれない。(ゆえにかえでぃあたりが大丈夫かなと心配)

それで今回、各々がブログで謝罪をする理由はブログで黙っていることによって吉澤を擁護しているのではないかと受け取られかねないからだと思う。それに関しては少し遅かったような気もするがあまり世間に関心を持たれていないことが幸いした。世間は何かが起こるとその事の関係者の謝罪を求めたがる。やっぱり黙っていることは愚策と言える。

昔、今と同じようにハロプロオールスターが編成されテレビにも出演させてもらった。その時はハロプロメンバーが全員、事情がよく分からなかったかもしれない未成年メンバーまでもが頭を下げさせられた。今回また同じような事態となった。しかし今のところテレビ出演の予定は発表されていない。もしテレビ出演があったとしたら前回と同じようなことをハロプロメンバーにさせないで欲しい。世間、OGそしてハロプロメンバーに謝罪しないと行けないのは吉澤だ。